好き避け男性への接し方とは

スポンサーリンク

好意を持った男性が好き避け意識が強かった場合における接し方として、1つめに女性が積極的になる必要があります。
好き避け男性は好意を持つ女性に対して積極的に発言することはないので、それを理解することが大切です。
好意を持っている女性と話している所を見られたくないという心理も働きかけるので、二人きりになった時に話しかけることが大切です。
そのための接し方として、好き避け男性と二人きりになるような機会を女性が積極的に作る必要があります。
周りに人がいる時には視線を合わせないことが多いですが、二人きりになると本心で話してくれるケースが多いのが特徴です。
基本的に好き避け男性は集団でいる時には、会話しようと思っても相手にしてくれないことが多いです。
ですが逆に二人きりの時になると、周りに人がいないという安心感を覚えることが好き避け男性の特徴です。
なので少しでも早く距離を縮めるための接し方として、二人きりになるように意識しながらアプローチしていきます。
特に集団でいる時と態度や様子などが異なれば、その男性は好き避けを意識している可能性が高くなります。

スポンサーリンク

 2つめの好き避け男性に対する上手な接し方として、女性の方が積極的に話を進めることも大切です。
積極的になれず大人しい性格であることが多いため、好き避け男性は口数が少なくなってしまうこともあります。
そんな時には女性が好き避け男性に対する接し方として、相手の趣味や性格などを上手に聞き出すことがポイントです。
これらの話題から話を始めることによって、相手の趣味をはじめ生活パターンや傾向などを把握することが出来ます。
それを少しずつ膨らませていく接し方をすることで、自分に対する警戒心を少しずつ解いていくことが出来ます。
また好き避け男性は大人しい性格である傾向も強いので、友情や恋愛において時間をかける必要もあります。
接し方の注意点として、いち早く恋愛関係に持っていこうとすると失敗することがあります。
急いで結論を出されることを好まない傾向があるため、相手のペースに合わせるような接し方も必要となります。
このように相手の趣味や性格などを知った上で、世間話などを適度に入れながら少しずつ距離を縮めていく接し方が重要です。

スポンサーリンク