好き避け女性が逃げる心理とは

スポンサーリンク

女性の中には好き避けをする人が多くなっています。
好き避け女性がこの中で逃げるという行動を取ることがあります。
好き避け女性が逃げる理由というのが気になりますが、ここには好きという気持ちが強すぎて考える能力がなくなってしまうという心理が働いています。
好きな人が近くにいるのに逃げるという行動をする女性がいます。
これは好き避けに見られる傾向ですが、本当はもっと近くにいたいのに好きな人を前にすると反射的に逃げるという行動を取ってしまうことがあります。
これは好き避け女子によく見られることですが、このような行動を取るときには次のような心理が関係しています。
好きな人を前にして逃げるというその心理としては、好き避けでは相手の前に行くと恥ずかしいという気持ちが強くなります。
この気持ちが強くなって無口になったり目を見て話をすることができないという好き避けの状態が現れます。
好き避けの状態がひどくなると、無視をしてしまったり冷たい態度を取ってしまうこともあります。
最終的には逃げるという行動を起こすこともあるのです。

スポンサーリンク

無視をしたり逃げるというような行動があると、相手は悪い気持ちになってしまいます。
したがって嫌われていると勘違いされることもあります。
ここでなぜ逃げるという行動を取るのかというと、その心理は相手のことが好きすぎるからです。
女性が相手に対して好きすぎるという心理が働くので、その場にいるだけで緊張してしまいます。
上手く考えをまとめることができずにどうしていいのかわからなくなってしまいます。
したがって逃げてしまうのです。
これ関しては、恥ずかしいという女性心理が働いています。
このほかに相手に嫌われたくないという女性心理が働いています。
しかしこのような心理で逃げ出してしまうと、さらに相手に嫌われる可能性があります。
相手のことが好きという気持ちが大きければそれだけ、女性の好き避け行動は大きくなる傾向があります。
ここで注意をしなければいけないのは、好き避けであるか嫌いであるかを見分けることです。
その際のポイントとしては、二人きりになったときの態度を観察するようにします。
好き避けの場合は緊張をしていても会話の中に少し笑顔が見られることがあります。

スポンサーリンク