好き避け男性が逃げる心理状態について

スポンサーリンク

好き避け男性が好意を持っている女性に話しかけられた場合において、突然逃げるといった動作や仕草を見せることがあります。
この心理状態について説明していくと、好き避け男性の中では女性に嫌われることを強く恐れています。
自分に自信がないという心理が強く働くことが多い好き避け男性は、好きな女性に話しかけれると混乱してしまいます。
その際の対応や行動として、話しかけると同時にどこかに逃げるという仕草を見せることがあります。
一見すると嫌い避けのように見える動作ですが、これは好き避け男性における照れ隠しや恥ずかしいという心理によるものです。
逆に好意を持つ女性と話しかけたいという気持ちが強くなっていますが、恥ずかしい気持ちを逃げるという動作で隠しています。
このような心理状態を見分けるポイントとして、好き避け男性が他の女性との対応について比較することが大切です。
他の女性とは普通に話をしている場合において、特定の異性の前で逃げるという動作をすることがあります。
この場合には嫌い避けではなく好き避けの可能性が高く、男性はその女性に対して好意を持っている可能性が高いです。

スポンサーリンク

 一般的に好き避け男性が特定の女性に対して逃げる仕草を見せるのは、恥ずかしいという心理を隠すための動作となります。
嫌い避けしているわけではないことが特徴で、逃げることでその場を切り抜けようという心理が働きかけます。
もう少し詳しく説明していくと、好き避け男性の場合には根気よくアプローチすることが大切です。
最初は話しかけても逃げることが多いですが、何回も繰り返すことで少しずつ相手の警戒心を解くことが出来ます。
好き避け男性の場合には、好意を持った女性や異性から積極的に話を進めていくことがポイントです。
相手は恥ずかしいという心理が働いていますが、そこで女性も引かず相手に話しかけ続けることが重要です。
逃げるという仕草や動作を避けてもらうためには、好き避け男性の趣味について話をするのが効果的です。
自分の好きな趣味や話題であれば、好き避け男性であっても逃げずに話してみようという心理状態になることがあります。
また友人や知人などに協力をしてもらって、恋愛を成就させるという方法でも相手の警戒心を解くことが出来ます。

スポンサーリンク