好き避けを意識する人が二人きりでする会話について

スポンサーリンク

恋愛心理学において好き避け意識が強い人が二人きりになった場合において、1つめのパターンとして会話が続かないことがあります。
好きな相手を避けるという特徴がある好き避けですが、二人きりになった途端会話が続かず沈黙状態となることも少なくないです。
このような状況になってしまう理由として、好きな異性の前で何を話して良いか分からなくなってしまうことが関係しています。
一般的に好き避け意識が強い人の特徴として、自分に自信がなかったり大人しい性格であることが多いです。
そのため自分と二人きりになった場合において、頭が混乱して会話が続かなくなることもあります。
内心は二人きりになったことを嬉しく思っていても、動作や仕草がそれとは逆の行動を取ってしまうことが特徴です。
またこういったケースが見られる好き避けにおいては、集団の中では普通に会話出来ることが多いです。
周りに他の人がいるので、その場合には自分が好意を持っていることを知られずに話しかけることが出来ます。
あくまでも二人きりになった場合において、会話が続かなくなるといった傾向が出やすくなります。

スポンサーリンク

 好き避けを意識する人が二人きりでする会話の特徴として、頭が混乱して何を話して良いか分からなくなることがあります。
なのでお互いが好き避けという場合においては、周りの知人や友人などが恋愛を成就させるためにサポートをするのが最適です。
周りにいる知人や友人たちなどから、好意を持っている異性の趣味や性格などを聞き出します。
そうすることで相手の行動パターンをある程度知ることが出来るため、それに合わせて世間話を少しずつ行います。
ポイントとして一度に多く話しすぎないことが重要で、毎日少しずつ会話のレパートリーを増やすことが大切です。
好き避け人は自分に自信がないと思っていることが多く、二人きりになるとそういった傾向が強くなることも少なくないです。
好き避け意識が強いと一人の力では解決出来ないことも多いので、知人や友人などの支援が必須となります。
二人きりでの会話を成立させるためにも、このような事前のリサーチや情報収集が欠かせないです。
また自分自身に自信を持つという方法でも、好き避けという大人しい性格を積極的にすることも可能です。

スポンサーリンク