本気で好きな場合の好き避けの特徴とは

スポンサーリンク

好き避け男性もしくは女性が異性のことを本気で好きになった場合において、1つめの特徴として視線にその違いが出てきます。
嫌い避けもしくは恋愛感情がない異性に対しては、本気で好きになることがないので事務的な対応を取ることが多いです。
しかし逆に好き避けの人が異性を本気で好きになった場合には、話している時に視線が合わないことが多々あります。
これが相手を避けているからではなく、逆に本気で好きであることを表しています。
基本的に好き避けを強く意識してしまう場合には、自分自身に自信を持っていないことが多くなっています。
なので自分が好意を持っていることを知られたくないため、好き避けを意識すればするほど会話中に視線をそらしてしまうことが多いです。
また視線をそらすといった仕草以外にも、会話中に顔が赤くなったり手を当てるなども好き避けに該当します。
自分が見られているということを悟られないように、あえてこのような挙動不審な動作や仕草を見せてしまいます。
逆に視線や目線以外に変化がない場合には、それは本気で好きではなく嫌い避けという可能性があります。

スポンサーリンク

 2つめの好き避けの男性や女性が異性を本気で好きになった時の特徴として、会話中の表情にも違いが出てしまいます。
好意を持っている異性との会話について、基本的に無関心やつまらなそうな反応や対応をしてしまうことが多いです。
しかしそういった仕草や動作を見せた場合において、口元が緩んでいたり笑みを浮かべているかがポイントとなります。
好き避けの人が本気で好きという場合においては、きちんと会話中に笑みを浮かべたり口元が無意識に緩んでしまいます。
これは相手との会話を心の中で楽しんでいるからであり、それが無意識に動作や仕草となって出ることが多いです。
なので口では無関心を装っていても、微笑や笑顔を浮かべていれば相手に好意を持っている可能性が高いです。
その一方で好き避けではなく、嫌い避けという形でその人の気持ちを客観的に調べることも出来ます。
会話中に笑みを浮かべることが本気で好きである可能性が高いので、事務的もしくは口元に変化がない時には嫌い避けの可能性があります。
ちょっとした反応でも好き避けか嫌い避けか判断出来るので、このような方法で客観的に判断することも可能です。

スポンサーリンク