重症な好き避けは治すことが肝心です

スポンサーリンク

男性女性を問わず時に見られるのが、好き避けという行動パターンです。
好き避けは概して異性経験の少ない方に見られる行動の一つで、恋愛関係を進めていく上では大きな障害となります。
重症の場合には、恋愛や結婚のきっかけを掴むことも難しくなるため、早目に治すことが必要です。

 

 

好き避けは、一般的にこれまでの異性関係が何らかの影響を与えていることが多いです。
過去のトラウマや苦い思い出などが尾を引いていることが少なくなく、潜在意識下でブロックがかかっていることがあります。
このような場合は無意識のうちに気になる異性を避ける傾向が見られるため、言わば重症レベルです。
治すためには、恋愛カウンセリングなどを利用するのも一つの方法となります。

スポンサーリンク

 

好き避けの行動は、状況によっては意外にもプラスに働くこともあります。
ですので、重症の方の場合にも少しずつ自分の意識を変えていくようにすれば徐々に恋愛にも挑めるようになるのが一般的な傾向です。
特に女性の好き避けは、男性の好奇心をそそることがあります。
男性を避ける行動が、思いのほか男性の気持ちを翻弄していることがあるのが恋愛の複雑な点です。

 

 

異性関係は、実の所一筋縄ではいかないのが常です。
駆け引きといった技巧を駆使する方も多く、相手への好意の見せ方は難しい所と言えます。
異性と多く接するようにすることで次第に心理が見えてくることがあるため、職場や学校の場を利用して問題を克服していくのも合理的なアプローチ法です。

スポンサーリンク