好き避け女性が無愛想になってしまう理由とは

スポンサーリンク

恋愛心理学において好意を持っている男性からアプローチがあっても、好き避け女性は無愛想で返してしまうことがあります。
その理由について説明していくと、好き避けは恋愛において自分の気持ちを素直に表現出来ない特徴が見られます。
そのため自分が思っていることとは別の仕草をしてしまうことがあり、それが無愛想という形になってしまいます。
内心は男性から声をかけられて嬉しいと思っていても、それを悟られないように無愛想という形で冷たく接します。
通常なら笑顔で返すべき対応となりますが、好き避け意識が強くなってしまうと無愛想となってしまいます。
性格が内気もしくは消極的という理由が多く、恋愛においては相手からアプローチを受けるというスタイルが中心です。
自分から積極的に行動することも基本的にないので、好き避け女性を好きになった場合には男性からのアプローチが必須です。
逆に恋愛において積極的ではないという理由から、距離を保ち続けるといつまでたっても関係が進展しないです。
ですが好き避け女性は相手を嫌っているわけではないので、何度もチャレンジする心構えが恋愛において大切な要因となります。

スポンサーリンク

 好き避け女性が好きな男性に対して無愛想に返してしまうことは良くあり、自分に自信がないという理由が大きく関係しています。
しかし嫌い避けでも無愛想な表情をすることが多いため、ここで好き避けとの違いについて説明します。
どちらか判断するための方法として、相手の女性の目を見つめることがとても重要です。
好き避けとして男性を意識している場合には、相手と視線や目線を合わせることが出来なくなります。
見つめられると女性が混乱してしまうので、視線をそらしたり目が泳いでいた場合には好意を持っている可能性が高いです。
逆に女性が見つめ返してきた場合には、その男性に対して好意や恋愛感情は持っていないです。
興味ない男性には視線をそらす必要がないので、それが理由となって仕草や行動に表れます。
一見すると無愛想の理由を判断するのは難しいですが、相手の目の動きに注目すれば逆に心理状態を把握することが出来ます。
またボディタッチを拒まなかった場合にも、それは好き避けをしている理由になります。
このように視線をそらしたりボディタッチを拒まない時には、無愛想であっても相手に好意を持っている可能性が高いです。
また好き避け女性が無愛想となってしまう理由を知ることでも、異性に対するアプローチ方法を調べることも出来ます。

スポンサーリンク