どうして人は好き避けによって無視をしたがる心理があるのか

スポンサーリンク

好き避け行って無視をする心理には、相手の意識を高めたい思いが隠されている場合もあるのです。
人は、無意識に他者から意識される事によって自身の存在を客観的に確認しています。
人が生きる世界は一人では無く、多くの人に囲まれながら人が生きるための社会を構築している中で生活を送っています。
無視における心理は、社会の一員として不適格な心理を与える場合もあるのです。
好き避けは、好きであるにも関わらず無視をして避ける姿です。
好きなのに無視する姿は、矛盾している心理として見えるかもしれません。
実は、無視をする心理には、好き避けの行為を行っている人の必要性を強く訴えている場合もあるのです。
私がいなければ、あなたは社会に不必要とされるため、私と一緒に歩みなさいと言う様な心理です。
同じ温かさでも、冷たい状況からの温かさには体感温度に違いが現れる場合もあるでしょう。
無視を行う事によってより冷たい思いを抱かさせ、その中でより強い温かみを与えたい思いが好き避けには隠されているのです。
そのため、好き避けを行っている無視の中には、温かい心理を表に現す姿が適度に現れやすくなります。

スポンサーリンク

人の心理は様々でありまして、中には余り見られない様な好き避けの無視による心理があります。
多くの人がいる中では無視をしまして、二人きりになれば優しく接する様な姿です。
この好き避けは、周りのいる中で特別な状態を敢えて作らない様に抑えたい思いが隠されている場合もあるのです。
特別に意識をすれば、同性が異性に意識を向けるかもしれません。
ライバルが現れてしまうリスクを抱えてしまうためです。
強まりすぎる恋愛的な感情に不安を抱えやすい場合などは、その不安から逃れるために無視の様な姿が現れる場合もあります。
この様な場合は本能的に働いている場合もありまして、好き避けを行っている自覚が無い場合もあるのです。
理性を働かせて仕事を遂行しなければならない場合などには、この様な姿が表に現れやすくなるかもしれません。
無視を受ける心理は、強すぎる衝撃を与える場合もあります。
出来るだけ意識的に行う事は望ましくはありません。
その衝撃的な思いは自身に返ってくる可能性もあるためです。
人は、不愉快な状況を出来るだけ避けたい思いも持ち合わせいます。
そのため、避けられる可能性を高めてしまうのです。

スポンサーリンク