好き避けで名前を呼ばない理由について

スポンサーリンク

好きな相手に好き避けをされるということがあります。
好き避けをされたときには、相手の本当の気持ちがわからずに不安になってしまうこともあります。
また好き避けを勘違いしてしまい片思いをあきらめてしまうという人もいます。
したがって好き避けの心理をしっかりと把握しておくことが必要になります。
好き避けをされることがありますが、この後で急に相手の態度に変化が見られることがあります。
態度の変化にはいくつかの種類がありますが、その中で名前を呼ばないことがあります。
名前を呼ばないときにはどのような理由が背景にあるのか気になります。
好き避けで相手と親しくなったことで不安を感じてしまったり、相手と親しくなることに恐怖を覚えてしまうというのが理由となっていることもあります。
その結果好き避けで名前を呼ばないことがあります。
一般的に親しくなった後で好き避けをする場合には、相手のことがまだあまりわからないということでしっかりと気持ちを整理することができていないというのが理由となります。
このようなことが理由となっている場合には、わざと名前を呼ばないということや敬語を使うという態度が見られます。

スポンサーリンク

なぜこのような態度を取るのかというと、その理由は自分の内面を知られたくないからです。
相手と親しくなったということで、自分の気持ちをわかってほしいと少しわがままになっている部分もあります。
これでは相手を傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。
名前を呼ばない理由としては、照れるという感情を隠している可能性もあります。
好き避けで照れ隠しを行っていると言うときには、普通のコミュニケーションを取ることもできますが、名前を呼ばないこともあります。
名前を呼ばないだけではなく急に態度が冷たくなってしまうこともあります。
このように名前を呼ばないということや急に態度を変化させるという行動を起こす理由としては、相手に自分のことを知られて嫌われたらどうしようという不安が関係しています。
したがってこのような理由が背景にある場合の対処法としては、少し距離を置いて接することが有効です。
すると相手が安心して再び近づいてくれるようになります。
こちらから距離を縮めると避けられてしまう可能性が高くなるので、焦らずゆっくりと待つようにします。

スポンサーリンク