好き避けを行う理由は、このままでいい女心も働いています

スポンサーリンク

好きな人ができると、気持ちを仲間と共有したがる人もいます。
中には、誰かに対する好意なども、ずっと自分の心の内側に秘めてしまうタイプの人も存在します。
 好き避けをしてしまう理由は、誰にも言わずに自分の気持ちをそっとしておきたい、という女心が働いているから、という場合もあります。
相手に気持ちを知られるよりも、そっと相手を思っている状態の方を好む女心が垣間見れます。
相手を見ているだけで満足する好き避けの理由も存在しているのです。
 相手と視線が合ったのに、何事もなかったかの様に素っ気無い態度になってしまうのは、好き避けの状態です。
理由としては、相手に遭遇して緊張している女心を有しているからです。
相手が好きであるが故に緊張してしまう気持ちは、抑えようという気持ちのコントロールができない人もいます。
相手に会ったら挨拶位はしようと思っていても、どうしても好き避けの行動に繋がってしまうのです。
実際に緊張すると、普段の生活の中においても、行動がチグハグになってしまう場面などもあります。
恋心に緊張する女心は、心の動揺が理由で、気持ちとは逆の態度で好き避けを行う事があります。

スポンサーリンク

 好き避けをしてしまう理由は、明確な両思いにならない辛さを有した女心からきている場合もあります。
自分がこれほど好きなのに、相手からの気持ちが返ってこない事にやや気持ちが苛立っている部分も読み取れます。
行きつ戻りつしている女心が理由になっている事があるのです。
相手に対しても、本当は素直に優しく接したりなど、行いたい気持ちも有しています。
しかし、両思いになっていない状態で、一方的な気持ちが強まってしまい、相手にも好き避けの行動に出てしまっています。
 好き避けをするには理由が存在している場合もあります。
周囲に気付かれる事をやや恐れている女心が働く事があります。
周囲に好意がバレてしまうと、更に説明が必要になってしまう事もあります。
あるいは、環境としても、周囲に知られると動き難くなるなどの状況を想定している事が理由になる場合もあります。
学校や職場などの場合には、他の人の恋愛話に花が咲くケースも多く見られる場面です。
相手からの好意が明確になっている訳ではありませんので、恥ずかしいと思う女心も生じるのです。
相手からの反応、周囲の反応などに恥じらいをもった女心も推察されます。

スポンサーリンク