好き避けで両思いか気づかないときには

スポンサーリンク

好きな相手が好き避けをしているということがあります。
好き避けをしているときには相手の気持ちをしっかりと確認することができないと悩んでいる人も少なくありません。
好き避けは女性に多いと考えられていますが、最近では男性にも好き避けが増えている傾向があります。
好き避け男性は直接相手に気持ちを伝えるということはほとんどありません。
したがって両思いであっても気づかないことが多くなっています。
両思いであると気づかない場合には、お互いの気持ちがわからないまま片思いで終わってしまう可能性もあります。
したがって好き避けでは両思いであるかどうかをしっかりと確認する必要があります。
これが恋愛成就のための方法となります。
好き避け男性に対して両思いであるか確かめるために追いかける女性もいますが、この場合ほとんど気持ちを聞くことができません。
したがって言葉で確認するのではなく、両思いと気づかないときには行動を確認するようにします。
行動でそのサインを見せてくれることが多くなっています。
これで両思いと言葉で気づかなくても心配する必要がありません。

スポンサーリンク

好き避け男性と両思いであるか気づかないときには、その確認方法として行動があります。
気づかないときには自分の目で見て確認することが一番となります。
好き避けの特徴としては、恥ずかしがり屋で自己顕示欲が強い人が多くなっています。
このほかにプライドが高い人であったり社会性を重んじる人も多くなっています。
ここで両思いの可能性が少しでもある場合には、仕事以外で二人きりで会ってくれるというようなことがあれば、それは好意があると判断することができます。
冷たい言葉やそっけない言葉を使われると、両思いと気づかないこともありますが、その中で重い荷物を持ってくれたり見守ってくれるというようなそぶりを見せたときには、好意があると判断できます。
また相手の思いに気づかないときには視線に注意をします。
好き避け男子は目をそらす傾向があります。
目があった瞬間に不自然に顔を別の方向へ向けてごまかすことが多くなっています。
会話中に目があっても、顔を下に向けることもあります。
また全く目を合わせないという人も少なくありません。
両思いに気づかない場合はこの点に注意をします。

スポンサーリンク