男女の好き避けの特徴や態度、心理とは?

スポンサーリンク

人を好きになる気持ちというのは誰にでも起こるものです。
これは自分で意識をして、人を好きになることは無いといっても、なかなか気持ちを抑えるということは出来ません。
このような人を好きになるということで起こる気持ちで「好き避け」という言葉があります。
あまりこの好き避けという言葉は馴染みが無い方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、この好き避けと言う言葉を知らなくても、自ずとこの行動を取る方が沢山いらっしゃいます。
特にこの行動を取るのが多いのが、小学生の時ではないでしょうか。
男の子ですとこの行動を取るということが多いです。
これは、好意をひた隠しに好きな人に知られたくないという気持ちと、小学生ですと、好意が周りに広がることで、いじられる対象になるということもあるかもしれません。
そのため、好きな人の前では、つい意地を張ってしまったり、いじわるをしてしまうということがあります。
みなさんも、小学生の時に見たことがあるかもしれませんね?
特に男の子というのは、大きくなってもあまり精神的に成長していない部分があります。
そのため、大人になっても同じような行動を取ることが多いです。
とはいっても、小学生の時のように激しい避け方を取るという方は少ないかもしれません。
高校生になっても同じように好き避けの行動は起こります。

スポンサーリンク

この頃になると、男女の中に異性という意識が強く出始めてきます。
そのため、その気持ちを知られたくないという感情が強く出てきます。
ですので、通りすがりの挨拶をつい無視してしまったり、話しかけられてもうまく答えられないとか聞こえていない振りをしてしまうという行動に出たりします。
この頃になると男性だけではなく、女性も多く好き避けの行動に出始めます。
女性の場合ですと、よく使われるようになった言葉「ツンデレ」と呼ばれる類の行動になります。
いつもは好意をひた隠しにしているのですが、ちょっとしたことで可愛い一面が見れたり、女性らしい一面が見られる事なのですが、このような行動に出るかたも沢山いらっしゃいます。
男性も、好きの人の前ではあまりうまくしゃべれないと言う事があったり、避けてしまったりと、だいたい、女性も男性も同じように、好意を隠したいという気持ちによる行動は変わりません。
また、好きな人の前で恥ずかしい姿や失敗などを見せたくないという心理もこの行動に移る原動力と言えるかもしれません。
この行動をうまく理解して、相手の場合にはうまくエスコートをしてあげたり、四分自信であればその行動をコントロールするという術を学んでみるといいかと思います。

スポンサーリンク